他で値引きされていない商品を狙う

カタログギフトは文字通り掲載されている商品の中から自分の好きな物を選択できるのが魅力です。とはいえ、カタログによって掲載されている商品にバラつきがあるため、目移りしてどれを選べばいいか迷ってしまう人もいます。カタログに掲載されている商品の中にはネットショップなどで値引きされた状態で販売されている物も少なくありません。商品は予め設定されている値段と同等の物に限られるので他で安く購入できる物を選ぶと結果的に損をすることになります。カタログギフトで商品を選ぶ時は定価でしか販売されていない商品を選ぶのが基本です。

掲載サイズが小さい物を選ぶ

失敗しないカタログギフト選びのポイントの一つに掲載サイズがあります。実際に目を通すと気が付くことができますが、カタログギフトに掲載されている商品のサイズは一律ではありません。1ページ全てを使う商品もあれば、注意深く観察しないと見落としてしまう小さいサイズの物もあります。大きく掲載されている方が印象に残りやすく、売り手側がお勧めしているという理由で選んでしまう人も少なくありません。カタログギフトに掲載されている商品はそれぞれ原価率が違っています。利用者に好きな物を選んでもらいたいという思いはあっても、利益率を考えた時に原価率が高い商品はなるべく選んでほしくないのが本音です。こうした理由から、選んでほしくない商品はあえて目立たないように小さいサイズで掲載していることもあります。必ずしも全てのカタログギフトに当てはまるとは限りませんが、目立たないサイズの商品から選ぶのも損をしないコツです。

カタログギフトにはさまざまな種類があります。内祝い用や、冠婚葬祭、お花ギフトといったものまであります。シーンに合わせたカタログ選びをするとよいでしょう。