運転するときに困る乱反射

サングラスをするメリットはいくつかありますが、その1つが乱反射の防止です。乱反射とは、光が拡散することによって全体が白っぽく見えてしまう現象の1つで視界を悪くする要因になります。例えば、車に乗っていると直接入ってくる太陽光線から目を守るためにサングラスをする人は多くいます。サングラスのメリットはこれだけでなく、フロントガラスに色々な方向から光が当たることによって白っぽくなってしまう現象を抑えることができます。これが、乱反射の防止です。乱反射が起きると視認性が悪くなり、色の判別がつきにくくなります。また、サングラスをしていないと乱反射を避ける目的で目を細めやすくなり、より視界が悪くなるので注意が必要です。

スポーツや釣りの世界でも大活躍

乱反射から目を守るためにサングラスをするのは、車の運転の時だけではありません。スポーツの世界でも多く使われます。例えば、魚釣りをする際には水面を見ますが、水面は波打っているため乱反射しやすく水中の様子がそのままではわかりにくいです。サングラスをすることによって見やすくなります。スキーをする雪上も同じことが言えます。他にも野球をする際には、上空に上がったボールが乱反射の影響で見にくくなります。特に日中のボールは太陽光線と同じ色合いになってしまうので判別しにくいことから、プレイをする際にサングラスをかけている人を多く見かけます。このようにサングラスは太陽光線から目を守るだけでなく、乱反射に伴う視界の悪さを軽減する効果があります。

紫外線対策にはサングラスが有効です。紫外線は目からも吸収され、それにより肌が黒くなることもあります。日頃の対策にプラスして利用するといいでしょう。