壁面緑化とは何をするのか

壁面緑化は、読んで字の如し壁に緑を配置することです。そのやり方は、壁に植物が植わったプランターを組み込んでいく方法やつる植物を壁にはわせて覆う方法などがあります。壁面緑化の方法は、建物の構造や高さで選ぶことになります。また、業者に頼まなければできないものもあれば、自分で作業できるものもあります。状況にあわせて最適な方法で、壁面緑化をしていくことになるでしょう。

壁面緑化をする目的は何か

壁面緑化をする目的は、リラックス効果や環境問題への貢献などがあります。リラックス効果というのは、人工物である壁を緑で覆うことで、それを見た人に癒やしを与えることです。特に都会は、マンションやビルばかりで緑は街路樹や公園にある程度なので、自然を感じることはあまりなく、心が休まる場面が少ないことが問題です。壁面緑化を多くの建物に導入すれば、道を歩いているときに、緑が目に入るので人々に癒やしをもたらすでしょう。

環境問題への貢献は、壁面緑化による複数の効果を期待することです。まず直射日光が壁に当たらなければ、建物の内部に伝わる熱が減ります。夏場には、室温の上昇が防げられれば冷房で消費する電力の節約ができますし、室外機からでる排熱でヒートアイランド現象が起きることも未然に防げるでしょう。冬場にも、室内の熱が逃げないので暖房に使うエネルギーの節約が可能です。電気などのエネルギー消費が抑えられたら、温室効果ガスの排出量は減少します。つまり、地球温暖化対策として、壁面緑化は大いに役立ちます。

壁面緑化を行うと、建物内の気温を快適に保つことができます。夏は涼しく、冬は暖かくなるため、エアコンや暖房器具の使用を減らせて経済的なメリットが生まれるのです。